2015 JNCC 第1戦 サザンハリケーン大阪 関西全国大会 矢野和都選手のレースレポートです

レース / RACING REPORT - 2015.03.10

JNCC 第1戦 サザンハリケーン大阪 関西全国大会


日時 3月8日(
会場 大阪府河内長野市末広町4-1 プラザ阪下フルコース 特設会場
天候 曇り
コースコンディション ウェット 〜 ベスト
結果 COMP総合 :3位/151台
  COMP-AA1:3位/15台

 

 

【レースレポート】 

 2015年のJNCCシリーズの初戦。舞台のプラザ阪下は自分にとっては非常に有利であり得意なラウンド。しかしここ数年は開幕からスタートダッシュをして「シーズンの良いリズムを作ろう」と意気込みすぎたり、ガス欠などのトラブルもあってうまくリザルトに繋げることができていませんでした。なので今大会は意気込み過ぎず、周りを気にせず自分のペースで走ることにしました。どうしても開幕で「最低表彰台」に上がりリズムを作る、そして良いリズムで開幕を終えたかったのです。自分は必要以上にアクセルを空けるライディングのため、普通の人よりも燃費が悪いのです。2シーズンで3回のガス欠を経験しました。そういったトラブルを全て取り除く為、この2年のデータをさらに上回るマシンをKTM中野スタッフと一緒に作り、シーズン2週間前にプラザ阪下でマシンテストも行いました。この時にKTM JAPANのバックアップ、そしてKTM中野の丹生谷さんのメンテナンスおかげで、マシンをコレ以上は求められないというレベルにまであげることができたのです。また様々な物を変更したのですが、その選択も良かったです。
 
 コースは個人的に、例年よりやや難易度が低い印象もありました。前日には雨が振り続けたのですが、プラザ阪下は水捌けが良く、サンドのようなマディになりにくい土質ということもあって、自分が出場するCOMP GPが始まる正午にはベストコンディションにまで回復。丸太とタイヤが設置されたサーキットエンデューロのようなレイアウトで、ハイスピードな勝負が展開されました。
 
 マシンはKTM 350 EXC-F。4ストロークのエンデュランサーです。スタートはやや遅れて8番手あたり。1周目は様子見ということですが、ツートップが僕より前にいることが確認できました。序盤で逃してはいけないと思ったので、早い段階で前を走る選手たちをパスし3番手に浮上。その後ツートップと走り、途中で前を走る鈴木選手のミスや転倒で2番手に上がりましたが、4周目に再度パスされます。
 ここからツートップが少しずつペースを上げ始めます。自分はこのスピードに着いて行くことができず、少しずつ離されます。着いて行きたかったのですが少しオーバーペースになった時に、6月に開催されるエルズベルグロデオのためにもケガはできない、そして開幕で自分のリズムを作るというノルマのため追いかけることを諦めました。もちろん勝つために練習や調整をしてきたの
 
矢野和都

 

[GROUP] 2015 JNCC(全日本クロスカントリー選手権)

KTMイベント情報