2015 EWC 第1戦 チリ

レース / RACING REPORT - 2015.04.22
     

チリ・タルカで幕を開けた『2015エンデューロ世界選手権/EWC』。KTM ENDURO FACTORY TEAMからはE1/E2/E3クラスに合わせて4人のライダーがエントリー。チャンピオンを目指します。E1クラス(2st125cc/4st250cc)には#1Christophe Nambotin/クリストフ=ナンボティンが「250EXC-F」でエントリー。E2クラス(2st250cc/4st450cc)には#8 Antoine Meo/アントワ=メオが「350EXC-F」で参戦します。そしてE3クラス(2st300cc/4st500cc)には#1Matthew Phillips/マシュー=フィリップスと#25 Ivan Cervantes/イヴァン=セルバンテスが「300EXC」で参戦します。

 Day1の土曜日、激しく舞う土埃に悩まされながらもE1クラスでナンボティンが、E2クラスでメオが勝利。E3クラスでは昨年のチャンピオン、フィリップスが3位表彰台を獲得しました
 Day2は夜通し降った雨のせいでいくつかのエクストリームテストをキャンセルするなど、路面コンディションによってコースを変更。難しいコンディションでのレースとなりました。

■E1クラス
 Day1。ナンボティンはスタート直後、点火系のトラブルを解消するために10秒のペナルティを払います。しかし2位以下に62秒のマージンを獲得しトップでゴール。シーズン前のトレーニングやマシン開発が、順調に機能していることを証明しました。
 Day2。ナンボティンは最初のテストで転倒。その後猛烈に追い上げましたが、トップにわずかに届かず2位でフィニッシュ。

ナンボティンのコメント:
「初日は非常に良いフィーリングが得られた。スーパーテストはスタートこそ良くなかったが、すぐに自分のリズムを見つけることが出来た。2日目は最悪の路面コンディションだったが良いスタートが切れた。しかし最初のモトクロステストでミスを冒し、多くの時間をロスしてしまった。2位に終わってしまったが、両日の結果はチャンピオンシップのスタートとしては良かったと言える」

■E2クラス
 Day1。メオは金曜日に開催された“KTMスーパーテスト”で勝利しファンにその強さをアピールしました。そしてDay1の中盤、3位に位置していたメオは後半に向けさらにスピードアップ。その後トップを走っていたライダーが最後のエンデューロテストでクラッシュし、メオがトップでフィニッシュしました。
 Day2もメオは良いフィーリングを保ったままスタート。その速さは驚異的でした。1日を通してその速さをキープしたメオは、ここでも勝利を収めました。

メオのコメント:
「Day1での勝利は、チャンピオンシップを戦うにおいて非常に大きな意味を持つ。乾燥した路面は難しかったが周回を重ねる毎に自分は強くなることが出来た。最初のテストでファステストタイムを叩き出したのには驚いた。その後のテストでも良いフィーリングが得られていたのでプッシュすることが出来た。シーズンオフの間に様々なテストを行った成果だ。昨年負った怪我の影響も少ない」

■E3クラス
 Day1。昨年のチャンピオン/フィリップスにとって出入りの激しい日となりました。3つのクロステストでは強さを見せましたが、その後多くの転倒を喫し、そのたびに素早くレースに復帰ししましたが結果は3位。セルバンテスはステージ1で膝をひねり、その痛みと闘いながらレースを進めました。
 Day2。KTMライダーにとって難しいレースとなりました。フィリップスは8位でゴール、チームメイトのセルバンテスは開幕前に負った怪我の影響もあり、12位でフィニッシュしました。

 

E1クラスの#1ナンボティン

 

E2クラスの#8メオ

 

E3クラスの#1フィリップス

 

E3クラスの#25セルバンテス

[GROUP] 2015 EWC

KTMイベント情報