2015 JMX 全日本モトクロス選手権 第4戦 スポーツランドSUGO

レース / RACING REPORT - 2015.06.08
 
星野裕が2ヒート連続の好スタートでアピール!
     

全日本モトクロス選手権シリーズの今季第4戦は、6月6()~7日()に宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。
複数のサーキットなどがあり、エンデューロやトライアル、スーパーモトの全日本選手権でも舞台となるSUGOの敷地内にある、SUGOのインターナショナルモトクロスコースは、東北モトクロス界の中心的存在となっている。低速から高速までバラエティ豊かなコーナーと、豊富なアップダウンがあり、メンテナンスにも定評があるコースだ。昨年に続き年間3戦の全日本モトクロス選手権が組まれ、今大会はその最初となった。
予選やジュニアクロスなどの決勝が行われた土曜日の朝まで、まとまった量の雨が降ったが、徐々に天候は回復。土曜日午後にはかなり路面状況が改善し、晴天に恵まれた日曜日は入念なコース整備のおかげもあって最高のコンディションが最後まで保たれた。
KTM勢は、全日本最高峰クラスのIA1クラスに450SX-Fでフル参戦する「KTMうず潮レーシング福山」の星野裕(#15)と北居良樹(#13)を筆頭に、85SXで出場できるレディースクラスやジュニアクロス、最高峰ライセンスへの昇格を賭けたIBオープンクラス、そして日曜日のお昼前に行われるチャイルドクロスなど、さまざまなクラスで上位入賞を狙った。

 
     
【IA1 レースレポート】

決勝ヒート1のスタートでは、星野裕(#15)がスズキのファクトリーライダーと並びながら、ホールショットに近い状態で1コーナーとなる左ターンをクリア。続く右コーナーでトップに立った。しかし星野は、1周目にエンジンをストールさせてしまい後退。16番手から必死に追い上げ、9位でフィニッシュした。一方の北居良樹(#13)は、1周目を8番手でクリア。レース中盤に順位を落としてしまったが、粘りの走りで10位となった。

午後に行われた決勝ヒート2でも、再び星野が好スタートを決め、1周目を4番手でクリア。レース序盤は、3台による激しい4番手争いを繰り広げた。国内メーカーのファクトリーマシンを相手に、懸命な走りでポジションキープを狙った星野だったが、レース中盤になって後退。後半は順位を守って、8位となった。北居は、1周目11番手とやや出遅れ、その後は転倒を重ねたが、最後まで上位を狙う走りを継続。11位でゴールした。

 
【ジュニアクロス レースレポート】
土曜日に決勝が行われるジュニアクロス(ジュニア85)は、2スト85ccマシンと4スト150ccマシンが混走。15歳以下のライダーがしのぎを削る。その決勝で好スタートを決めたのは、85SXを駆る「KTM BOSS RACING」の鴨田翔(#1)。オープニングラップをトップでクリアした。3周目、鴨田はライバルに抜かれて2番手に後退したが、その後もトップのライダーを僅差でマーク。逆転には至らなかったが、6周のレースを2位でフィニッシュした。また、同じく「KTM BOSS RACING」から参戦した内藤龍星(#111)は、1周目5番手からすぐにひとつ順位を上げ、その後はポジションをキープ。4位入賞を果たした。
 
【チャイルドクロス レースレポート】

日曜日のお昼休み前に決勝が開催されるチャイルドクロスは、2ストと4ストの50ccマシンが混走。専用にショートカットされたコースを5分+1周して、クラスごとの順位を決める。今大会は、エントリー台数が9台と少なめ。この中、KTMの50SXを駆る坂田大和(#2)が、1周目に転倒しながら追い上げ、総合トップとBクラス優勝を手にした。

 
【ライダーコメント】

星野裕(IA1・9位/8位)
 
ヒート1は、トップグループを走りながらエンストさせるミスで後退してしまったので、かなりもったいなかったと反省しています。ただし、その後の追い上げは悪いペースではなかったと思います。ヒート2は、上位グループの中で耐えられた時間が短すぎました。結局は定位置に下がってしまい、悔しさばかりが残りました。じつは、3週間前の中国大会で痛めた足は、検査したところ骨折していました。そのため、ほとんど練習できず今大会に臨んだということもあるとは思いますが、5分しか耐えられないのでは勝負になりません。これを15分、20分と長くしていくためにも、トップスピードを上げていく練習が必要だと感じています。次は神戸大会。神戸在住なので、表彰台登壇を目標に掲げます。 
     

北居良樹(IA1・10位/11位)
 

すごく情けない走りをして悔しい思いをした前戦から、それほど時間がなかったのですが、それでも自分なりに工夫してトレーニングを重ね、マシンに乗る時間も増やしました。両ヒートともミスが多く、とくにヒート2は3回も転んでしまったのですが、転ぶほど攻めることさえできずにただスローペースで周回するだけだった前戦と比べたら、だいぶ走れるようになってきたと感じています。リザルトは悪いのですが、内容としてはポジティブに捉えられる要素もあったと思います。体力やスピードなどは、すぐに取り戻せるものではありませんが、このまま努力を続けていけば、再び入賞やその上をめざすことも可能だと信じています。次の神戸大会では、さらにいい方向になるようにがんばります!

 


[GROUP] 2015 JMX 全日本モトクロス選手権

KTMイベント情報