2015 モトクロス世界選手権 最終戦 アメリカ

レース / RACING REPORT - 2015.09.25
2015 MXGP 最終戦 アメリカ
MX2のジョナスは惜しくもタイトル獲得ならず
 
『2015世界モトクロス選手権/第18戦(最終戦)アメリカ』。怪我で戦線を離脱していた、Red Bull KTMファクトリーチームからMXGPクラス(2st250cc以下、4st450cc以下)に参戦していた#222/Antonio Cairoli(アントニオ=カイローリ)が復帰。AMA-MXで250クラスを戦い怪我で戦線を離脱していた#125/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)、同じくAMA-MXの450クラスを戦っていた#215/Dean Wilson(ディーン=ウィルソン)も参戦。また怪我で戦線を離脱していた#100/Tommy Searle(トミー=サール)も復帰しました。そしてMX2クラスでチャンピオン争いをしていた#41/Pauls Jonass(ポウルス=ジョナス)は10-6の総合9位となり、タイトル獲得はなりませんでした。
 
MXGPクラス
 

惜しくもMX2クラスのタイトルを逃した#11ジョナス

MX2クラスで総合1-2フィニッシュを決めたのはAMAを戦う Team Troy Lee Designs Lucas Oil Red Bull KTMの2人

#79ネルソンはMX2で1-1の完全勝利

#70マクエレンはMX2総合2位 

MXGPの#222カイローリ。来シーズンに向け最終戦で復帰

MXGPクラスのKTM勢最上位となった#215ウィルソン

リタイヤとなった#24シンプソン

#125ムスキャンもMXGPに参戦

今季、怪我により戦線を離脱していたカイローリが復帰。アメリカのファンの前にその姿を見せました。そしてレース1を5位でフィニッシュ。レース2ではホールショットを獲得し1周目をトップでクリア。しかし怪我から復帰したばかりのカイローリはリスクを避け、早々にマシンをピットに戻しリタイヤしたのでした。

AMA-MX/250クラスを戦っていた、ムスキャンは450SX-Fファクトリーマシンで参戦。しかし準備の時間はほとんど無く、わずか数時間前にライドしただけだったのです。10-26で総合16位に終わりましたが、来シーズンはより高いパフォーマンスが期待できるでしょう。

一方、怪我で戦線を離脱したファクトリーライダーに代わってファクトリーマシンを駆り活躍したシンプソンにとっては、思ったような結果を残せませんでした。レース1でスタート直後の多重クラッシュに巻き込まれ、そのままリタイヤとなったのです。

AMA-MX/450クラスを戦っていたウィルソンは7-4で総合4位となり、MXGPクラスでKTM勢最高位となりました。また今季は怪我に泣いたサールも今大会に出場。13-9で総合9位となりました。

カイローリのコメント:
「怪我の回復はまずますだ。完調じゃないことは分かっていたが、来シーズンに向け様々なテストをこなす必要があった。レースでしかテストできないことが沢山あるのだ。両レースともに、最初の15分は良いフィーリングで走ることができた。それ以外にも多くの収穫があった。唯一の問題は体力だけだ。腕に痛みはないが、以前のように動かすにはさらなるリハビリが必要だ。10月末から、来シーズンに向けて再びバイクに乗ってトレーニングを開始する予定だ」

シンプソンのコメント:
「年間ランキング5位以内を目標としていただけに、4位という結果には大いに満足している。後半戦はレースを支配することができたし、表彰台に何度も立つことができた。レース1でのクラッシュは残念だったが、運が良かった。どこかを怪我していてもおかしくない状況だった。気持ちを切り替え、次週に行われるネイションズに備えたい」

ウィルソンのコメント:
「良い結果を残すことができた。懸命にセットアップを進めたおかげで練習走行から調子が良かった。しかし決勝のレース1はスタートが悪すぎた。一方レース2はスタートが決まり、その後のフィーリングも良かった。残念ながら表彰台には届かなかったが……しっかり走り込みができて、来年のスーパークロスに向け、良い経験を積むことができた」

サールのコメント:
「両レースともに驚くような結果じゃなかったが、完走することができた。とにかく暑く、脱水症状を起こさないよう注意する必要があった。そして目標である10位以内でのフィニッシュを達成することができた」

チーム監督/ピット=ベイラーのコメント:
「MX2のタイトルを7年間、MXGPのタイトルを5年間獲得してきたが、今シーズンは多くのライダーが怪我を負い、その記録は途絶えてしまった。またライダーが怪我を負うたびに我々も痛みを感じていた。しかし過去から学ぶことはあっても、それを長く引きずっても仕方が無い。MX2のタイトルを獲得したティム(ガイセル)とホンダ、MXGPのタイトルを獲ったロメイン(フェーブル)とヤマハを、心から祝福したい。彼らは強かった。偉大なライダーも負けることはある。ただ、次にはさらに強くなれば良いだけだ。それに我々には若い力の台頭もあった。ポウル(ジョナス)はレッドプレートを手にし、最終戦までチャンピオン争いを繰り広げた。これは予想を大きく上回る結果だった。来シーズンも大いに楽しみだ。怪我を負ったライダーたちは、徐々に回復している。体調が万全になれば来シーズンも良い成績が期待できるだろう」

 
MX2クラス
 

最終戦にまでもつれ込んだタイトル争い。ジョナスは初のタイトルを目指します。そしてレース1、レース中盤に4位を走行する、同じくチャンピオン争いを展開するT・ガイセル(ホンダ)をパス。しかしすぐに抜き返されたジョナスは、ガイセルの背後に付けました。しかし39度を超える気温と乾燥したコンディションは、ジョナスを含むヨーロッパ系ライダーにとっては過酷で、レース終盤に集中力を切らしたジョナスはスリップダウン。そこから復帰し10位でチェッカーを受けました。またレース2で6位となったジョナスは10-6の総合9位。一方ガイセルは6-4で総合4位となり、ジョナスに25ポイント差を付けシリーズチャンピオンを獲得。ジョナスは年間ランキング2位で終えました。

MX2の決勝では、KTMを駆る2人のアメリカ人ライダー/Team Troy Lee Designs Lucas Oil Red Bull KTMの#79/Jessy Nelson(ジェシー=ネルソン) と#70/Shane McElrath(シェーン=マケラス) が総合で1-2フィニッシュを飾りました。2人はグレンヘレンのコースを熟知し、またカリフォルニアの高い気温にも慣れていました。

ジョナスのコメント:
「素晴らしいシーズンだった。ランキング2位になれるなんて思ってもみなかった。MXGP参戦初年度でこんな良い成績を残すことができ夢のようだ。先週末のメキシコGPで大クラッシュを起こしすべてを壊してしまった。それにレース1は開始10分で目眩を起こし、レースに集中できなくなってしまった。結果は、自分が望んでいたものでは無かった。このシーズンオフにしっかりとトレーニングを積んで、次のシーズンに強くなることを楽しみにしている」

ネルソンのコメント:
「思い通りのレースができた。チームに感謝している。このコースはいかに体力を温存するかが勝負の鍵になる。走り慣れている自分は、ヨーロピアンライダーたちに比べ、その点で有利だった」

マケラスのコメント:
「自分を含めチームは来年の準備に取りかかっている。ヨーロピアンライダーたちとアメリカで戦うのは新鮮だった。そのなかで自分がどのレベルにあるかを知ることができた。グレンヘレンは走り慣れているが、非常に難しいサーキットだ。コースはジャンプのリズムが変わり、いままでに無いほど難しくなっていた」

 

■MXGP/Race1結果
1, Romain Febvre
2, Cooper Webb
3, Josh Grant

5, Antonio Cairoli - KTM
7, Dean Wilson - KTM
10, Marvin Musquin - KTM
13, Tommy Searle - KTM
DNF, Shaun Simpson - KTM

■MXGP/Race2結果
1, Josh Grant
2, Romain Febvre
3, Cooper Webb

4, Dean Wilson - KTM
9, Tommy Searle - KTM
26, Marvin Musquin - KTM
DNF, Antonio Cairoli - KTM
DNS, Shaun Simpson - KTM

■MXGP総合
1, Romain Febvre
2, Josh Grant
3, Cooper Webb

4, Dean Wilson - KTM
9, Tommy Searle - KTM
13, Antonio Cairoli - KTM
16, Marvin Musquin - KTM
34, Shaun Simpson - KTM

■MXGPポイントスタンディングス
1, Febvre 735Point (2015 Champion)
2, Paulin 592
3, Bobryshev 567
4, Simpson (KTM) 481


◆MX2/Race1結果
1, Jessy Nelson - KTM
2, Chris Alldredge
3, Shane McElrath - KTM

10, Pauls Jonass - KTM

◆MX2/Race2結果
1, Jessy Nelson - KTM
2, Shane McElrath - KTM
3, Valentin Guillod

6, Pauls Jonass - KTM

◆MX2総合
1, Jessy Nelson - KTM
2, Shane McElrath - KTM
3, Valentin Guillod

9, Pauls Jonass - KTM

◆MX2ポイントスタンディングス
1, Gajser 589 Point (2015 Champion)
2, Jonass (KTM) 564
3, Anstie 537

 

 

#70マクエレンはMX2総合2

[GROUP] 2015 モトクロス世界選手権

KTMイベント情報