2015 MotoGP 第16戦 オーストラリア

レース / RACING REPORT - 2015.10.19
2015 MotoGP 第16戦 オーストラリア
オリベイラが優勝!ポイントスタンディングスも2位に
 
『2015MotoGP/第16戦オーストラリア・フィリップアイランド』。KTMのファクトリーチーム/Red Bull KTM Ajoの#44Miguel Oliveira (ミゲール=オリベイラ)が優勝。ポイントスタンディングスも2位に浮上。チームメイトの#41Brad Binder(ブラッド=ビンダー)は3位表彰台を獲得。序盤トップグループを走っていた#98Karel Hanika (カレル=ハニカ)は12周目にコースアウト。そこからリカバリーしポイント圏内の14位でフィニッシュしました。
 

オリベイラは予選2番手からスタート。序盤から積極的に攻め、トップグループを牽引して行きます。そして終盤5台に絞られたトップグループのなかでオリベイラは、スリップストリームを駆使して先頭を伺いますが、ラスト2周でミスを冒し3位に後退。しかしプッシュを続け、ゴール直前で再びトップに立ちわずか0.013秒差で勝利しました。

ビンダーは15周目までトップ争いを展開していましたがオーバーラン。トップから2秒も離れてしまいました。しかし、そこであきらめることなく攻めたビンダーは3位でフィニッシュしたのでした。

オリベイラのコメント:
「まだまだあきらめていない。今日は、信じられないほど激しいレースだった。終盤トップグループを形成するライダーが減り、少し余裕ができた。ラストラップに入ったとき良いポジションを確保でき、うまくスリップストリームを使うことができた。素晴らしい勝利だ。チームに感謝したい。ポイントスタンディングス首位との差も40となった。残り2戦も集中力を切らさず戦いたい」

ビンダーのコメント:
「レース中、他のライダーにフロント周りを引っかけられた。運が悪ければ、そこでレースが終わっていた。3位という結果は残念だ。今回は優勝か、悪くても2位になれるレースだった。マシンは完璧。レースを通してプッシュすることができた。ラストラップも2位まで上がったのに、スリップストリームからかわされてしまった」

次戦/第17戦は、10月25日(日)にマレーシアで開催されます。

 

 

#44オリベイラはこの勝利でポイントスタンディングス2位に浮上。タイトル争いの行方も、分からなくなってきた

#41ビンダーも3位表彰台を獲得しました

■決勝結果
1, Miguel Oliveira - KTM
2, Efren Vazquez
3. Brad Binder - KTM

Other KTM
5. Jakub Kornfeil
6. Romano Fenati
7. Philipp Oettl
8. Isaac Viñales
12. Zulfahmi Khairuddin
14. Karel Hanika
18. Ana Carrasco
19. Olly Simpson

■Moto3ポイントスタンディングス
1, Kent, 244 point
2, Oliveira(KTM), 204
3, Bastianini, 188
4, Fenati(KTM), 165

 

[GROUP] 2015 MotoGP

KTMイベント情報