2015 MotoGP 第17戦 マレーシア

レース / RACING REPORT - 2015.10.26
2015 MotoGP 第17戦 マレーシア
オリベイラが優勝 タイトル争いの行方は最終戦に!
 
『2015MotoGP/第17戦マレーシア・セパン』。KTMのファクトリーチーム/Red Bull KTM Ajoの#44Miguel Oliveira (ミゲール=オリベイラ)が優勝。ポイントスタンディングス首位との差をさらに縮め、タイトル争いに留まりました。チームメイトの#41Brad Binder(ブラッド=ビンダー)は2位表彰台を獲得。#98Karel Hanika (カレル=ハニカ)は8周目に転倒しリタイヤしました。
 

決勝、好スタートを切ったオリベイラはトップグループを快走。6周目に順位を落としますがすぐにリカバリーし、トップグループに留まります。それからスリップストリームを有効に使うことが勝利の鍵と理解していたオリベイラは、最終ラップにおけるポジション取りに神経を集中。そして迎えた最終ラップ、スリップストリームを活かして見事にトップに立ちそのままゴールしました。チームメイトのビンダーは、ラスト4周で一気に順位を上げ2位でフィニッシュしました。

今大会前、オリベイラはたとえ優勝しても、ポイントスタンディングス首位のD・ケント(ホンダ)が5位以内に入ればケントのタイトル獲得が決定することを知っていました。しかしケントは7位でフィニッシュ。依然オリベイラに24ポイントの差を付けていますが、タイトル争いの行方は最終戦バレンシアに持ち越されることとなりました。

オリベイラのコメント:
「サインボードではケントがどのポジションにいるか分からなかった。そこでレースに勝つことに集中した。最終ラップのストレートで自分は前に出ることを望んでいなかった。幸運にもビンダーが前に出てくれたので、それに続くことができた。自分はもちろん、彼のバイクもとても速い。勝てて本当に良かった。タイト獲得は難しいかもしれないが、全力で戦うだけだ。最終戦までタイトル争いができるとは思っていなかった。チームのサポートに心から感謝している」

ビンダーのコメント:
「勝利を望んでいただけに2位という結果は残念だ。しかしレース展開には満足している。体調も良く、しっかりとレースを組み立てることができている。今日も110%のチカラで攻め、しかしタイヤを温存し、最終コーナーまでレースをリードしていた。オリベイラは完璧だった。チャンピオン争いにとどまったことは素晴らしいことだ」

次戦/最終戦は、11月8日(日)にバレンシアで開催されます。

 

 

難しいレース展開を制した#44オリベイラ。シーズン終盤を迎え、ここ5戦で3勝。ポイントスタンディングス首位との差をさらに縮めタイトル争いに留まりました。次戦/最終戦バレンシアでタイトル獲得に挑みます

#41ビンダーも2位表彰台を獲得しました

■決勝結果
1, Miguel Oliveira - KTM
2, Brad Binder - KTM
3, Jorge Navarro

Other KTM
14, Isaac Viñales
15, Philipp Oettl
23, Ana Carrasco
24, Andrea Migno

■Moto3ポイントスタンディングス
1, Kent, 253 point
2, Oliveira(KTM), 229
3, Bastianini, 196
4, Fenati(KTM), 176

 

[GROUP] 2015 MotoGP

KTMイベント情報