【プレスリリース】KTMのMotoGPマシン「RC16」2017年のMotoGP参戦に向けサーキットテストがスタート

特集記事 / SPECIAL CONTENTS - 2015.11.02
KTMのMotoGPマシン「RC16」
2017年のMotoGP参戦に向けサーキットテストがスタート
 
KTMのファクトリーチーム/RedBull KTM Factory Racing Teamは、オーストリアにあるサーキット/RedBullリンクにおいて、2017年のMotoGPクラスに参戦を発表したKTMのMotoGPマシン「KTM RC16」のテストを行うとともにその姿を公開しました。
 

KTMのテストライダーであり、元MotoGPライダーであるAlex Hoffmann(アレックス=ホフマン)は3日間、2016年シーズンからMotoGPのカレンダーに加わるRedBullリンクを走り、フレーム/エンジンともにKTMが開発した新MotoGPマシン「KTM RC16」を好条件の元でテストし様々なデータを収集しました。
年内にはアレックス=ホフマンのほか、テストライダーに加わったミカ=カリオが参加する2回目のテストを行う予定です。もちろんオーストラリアのKTMファクトリーでは、引き続き「KTM RC16」の開発が続けられます。

KTMモータースポーツディレクター/ピット=バイラーのコメント:
「テスト初日の木曜日は、私個人はもちろんKTMというブランドにとっても、そして世界中のKTMファンにとっても感動的な瞬間だった。レーストラックの上を走ったことは、このプロジェクトにとって大きなステップだ。ライダーを務めたホフマンとチームに感謝を述べたい。問題なく多くのラップを重ねられたこ
とは、2017年シーズンのMotoGP参戦に向けて長い航海を続ける我々にとって、大きなモチベーションとなった」

KTMテクニカルディレクター/セバスチャン=リッセのコメント:
「この発表は、計画段階よりもより大規模となり、注目度も高かった。それだけにチームは大きなプレッシャーを感じていた。しかし初走行は想像以上にスムーズに事が運び、またRC16の開発を進めるうえで重要かつ大量のデータを入手することができた。我々には多くの開発が残されているが、この3日
間のテストによって我々は大きな自信を手に入れることができた」

KTMテストライダー/アレックス=ホフマンのコメント:
「何と言って良いか……KTMの開発チームは、短い開発期間だったにもかかわらず、マシンをまとめ上げた。その根源が彼らのパッションと高い技術力にあることは明白だ」

 

 

KTMのMotoGPマシン「RC16」がいよいよ走り出しました。オーストリアのサーキット/RedBullリンクにV4エンジンサウンドを響かせました

[GROUP] 【KTMプレスリリース&ニュース 】

KTMイベント情報