JNCC 第2戦 石戸谷 レース報告書

レース / RACING REPORT - 2016.03.20

JNCC 第2戦 レース報告書

天候 晴れ
路面コンディション マディ&ドライ
コース プラザ坂下 特設コース
マシン 2016 KTM250EXC

レース前日に大雨が降ったため、コースは所々大きな水たまりがありました。土質は水はけの良いところなので比較的、乾き易くレース時にはベストコンディションになることが予想されました。

当日は晴れて天候も良く前日の予想通りコンディションは最高でした。今回は開幕戦からマシンをコースに合わせてチェンジ。KTM250EXCで臨みました。開幕戦でのガス欠という不甲斐ない失敗を繰り返さないために今回は給油を2回に設定しました。

レースは開幕戦に引き続きホールショットでスタート。KTMは始動性が髙いため、安定してスタートを上位で出ることができました。

1周目は総合7位で通過。コースはモトクロステイストが強く、開幕戦に続いてハイスピードな展開となりました。そのため、前後が常に見える範囲でレースは進行。一瞬の油断で順位が入れ替わる緊張感あるレース展開でした。3周目から順位を一つ上げて総合6位、クラス5位。

4周目には2回給油のため1回目のピットイン。KTMスタッフの万全のサポートによりロスタイムは15秒程で済みましたがハイスピードなレースでは、このロスが大きく響き順位が2つ下がりました。その後、すぐさま抜き返しましたが相手も食い下がり7位争いへ。

前後を入れ替えながらレースは進み2回目のピットイン。1回目と同等のタイムでピットアウト。しかし、ここでも前後差がなかったため順位が下がり総合9位へ。挽回する体力、気力は残っていたもののここでチェッカー。順位は変わらず総合9位でフィニッシュ。

コースとしては個人的にも好きな場所でしたがMX IAのライセンスを持ったライダーにことごとく先を行かれてしまったのが悔やまれます。楽に・速く走るということを今後の課題として練習に組み入れて取り組んで参ります。

次回のレースは4月10日広島県で開催です。
引き続き、応援よろしくお願い致します。

[GROUP] 2016 JNCC(全日本クロスカントリー選手権)

KTMイベント情報