JNCC 第2戦 小池田猛 レース報告書

レース / RACING REPORT - 2016.03.20

JNCC 第2戦 小池田猛 レース報告書

日時 3月20日
会場 大阪府プラザ阪下

KTM JAPAN RACING KTM 350 EXC-F 結果 1位

前日の雨の影響で水たまりが所々ありましたが、全体的に埃もたたず、ベストコンディションへと回復しました。 コースはモトクロスコースをベースにハイスピードで人工的に作られた丸太やジャンボタイヤ、土手やロックセクション等1周7、5キロほど、10分を切るぐらいのペースでした。気温も上がりレース日和でした。

ランキング順のスタートグリットの為10番目に呼ばれコース脇のポジションとなりました。 スタート、エンジンが上手くかかりましたが1コーナー4、5番手で出て行きました。2コーナー3コーナーと上手く順位を上げ、3番手に付けました。斉木選手、鈴木選手、自分、渡辺選手という形になり、みんなの様子を伺いながら走っていました。2周目が終わり3周目には斉木選手と自分での一騎打ちになり、渡辺選手と鈴木選手は徐々に離れて行きました。 斉木選手のペースが思った程上がらず、パスしてトップに。いつもなら直ぐに強引に抜き返しに来てペースもヒートアップしていくのですが既に周回遅れもいたりしていたので、少しずつ差が開いていきました。このタイミングで少しスパートをかけました。早い段階で単独になったので、3時間孤独との戦いで長いレースに感じました。

開幕戦ではラスト2周で優勝を逃したので、今回はきっちり優勝する事が出来ホッとしています。 ラストの30分ぐらいで周回遅れを抜く時に引っかかり転倒、肩を痛めました。今回は無事ゴールで来ましたが 早く治し次のレースに備えたいと思います。

[GROUP] 2016 JNCC(全日本クロスカントリー選手権)

KTMイベント情報