関東モトクロス選手権 第2戦 大澤雅史レース報告

特集記事 / SPECIAL CONTENTS - 2016.05.09

関東モトクロス選手権 第2戦 大澤雅史レース報告

日時 5月1日
会場 クロスパーク勝沼(山梨)
天気 晴れ
コースコンディション ドライ

レース結果 IB Open
予選 2位
決勝H1 1位
決勝H2 1位
総合 1位



ヒート1
タイムアタック形式で行われた公式予選を 0.01 差で 2 番手で通過し、ヒート1に向けてタイヤ 交換をする際にフロントフォークにトラブル発生。リタイアも考えたものの、ジャンプセクシ ョンの少ないコースということもあり、無理をしないという条件のもと、出走を決意しまし た。とにかく今年のマシン、KTM350sx-F は凄くパワーがあり、スタートでトップに立ちまし た。徐々にフロントフォークをかばう走りに慣れてきて、後続車を引き離し、そのままトップ でゴールしました。



ヒート2
フロントフォークのトラブルは解決しないままスターティンググリッドに並びましたが、また してもホールショットを奪います。後続車とある程度の差を保ち周回を重ねますが、4 周目あた りのコーナー突っ込みで自分のミスでエンジンを止めてしまいます。KTM のセルのおかげで直 ぐに復帰しますが、2 番手の選手が真後ろまで迫り、テールトゥーノーズでのレースになりまし た。落ち着いて後続車の音を聞き、毎周回違うラインを走るなど、頭を使ってレースをしまし た。最終ラップまでバトルが続きましたが、2 番手の選手が転倒。そのまま 1 位でゴールできま した。



今回トラブルがあったものの、落ち着いてレースに臨み、両ヒートまとめて総合優勝できたこ とに大きな自信を持てました。この勢いのまましっかりと 5 月 15 日の全日本モトクロス選手権 第 3 戦広島大会も良い結果を残せるように努力いたします。

[GROUP] 関東モトクロス選手権

KTMイベント情報