JNCC 第4戦 ジョニエルG 小池田猛 レース報告書

レース / RACING REPORT - 2016.05.27

JNCC 第4戦 ジョニエルG 小池田猛 レース報告書

JNCC第4戦ジョニエルG
日時 5月22日(
会場 長野県爺ヶ岳スキー場
チーム KTM JAPAN RACING
参戦車両 KTM 350 EXC-F
結果 AA  7位
総合 9位

 晴れ続きの天候で気温も上がり埃が舞う中のレースとなりました。爺ガ岳スキー場、初の逆周りで新鮮でもありました。スタートは飲み込まれてしまいましたが、1コーナー2コーナーとうまく抜け3番手ぐらいで抜けて行きました。ゲレンデのアップダウンはフカフカなバンクやギャップが出来、内側はツルツルなハード路面が出ていたりとテクニカルでした。

 ウッズに入る前に滑って転んだりと慌てたレースの始まりとなりました。すぐにバイクを起こし誰にも抜かれずに再スタートをすることが出来ましたが新セクションのウッズに入り突然ブレーキが効きっぱなしに。スタートして間もなかったので、石や木がブレーキに入り込んだのかと思ったのですが、見た所不具合はなく再スタートしました。しかし状況はひどくなり動かなくなってしまいました。

 近くにいたお客さんが助けてくれ、KTMに連絡したり工具を走って取ってきてくれました。応急処置をしてパドックに戻りました。
修理が終わりコースに戻ったのがみんなから約1周半遅れた頃でした。シリーズ優勝を目指すには少しでもポイントをとらなければと思い走り始めました。途中2位の渡辺選手に追いつき(自分は周回遅れ)争いました。何度も順位を入れ変わりながら、何度も転びながら走りました。大会最速ラップを出しましたがクラス7位までしか順位を上げることが出来ませんでした。

 シリーズトップでこの大会を迎え、また得意としているコースでもあったのでかなり意気込んでいましたのでこの結果は悔しくて仕方がありません。応援してくれたファンやサポートをしてくれた方々に申し訳なく思っています。
 次戦はちょうど折り返し地点の第5戦、再びシリーズトップになれるよう頑張りたいと思います。

[GROUP] 2016 JNCC(全日本クロスカントリー選手権)

KTMイベント情報