JNCC 第6戦 小池田猛 レース報告書

レース / RACING REPORT - 2016.08.19

JNCC 第6戦 小池田猛 レース報告書

日時 8月7日(
会場 岐阜県 ほおのきスキー場
チーム KTM JAPAN RACING
参戦車両 KTM 350 EXC-F
結果 AA  1位
総合 1位

JNCC初の下りスタート、第1コーナーが逆バンクでその後上り。ちょっとドキドキしたスタートでしたが、エンジンは上手くかかり4、5番手で出て行きました。団子状態でしたが上手くかわして2番手に上がり斉木選手の後ろについて行きました。斉木選手ははじめからガンガン攻めて走るので一緒に走るのはスリルがあり楽しめます。ほおのき落としの下り坂は急斜面でイノシシの掘った穴があるので慎重に降りて行きました。迷路のようにいくつもラインがあり斉木選手が左に行き、自分は違うラインに。そこで一度パスしトップに立ちました。しかしクリフハンガーボトム、下も見えないほどの急下り坂でブレーキをかけて降りていると斉木選手はアクセルオンで下り、あっさりパスされました。その後も所々順位を入れ替えましたが、基本的に追う形で走って行きました。ほおのきのコースはグラストラックでアップダウンが多く全開のハイスピードの部分が多くありました。2周3周と走り斉木選手が少しミスをし始めた時にトップに立ちそれから少しずつ離して行きました。その後、斉木選手、渡辺学選手はマシントラブルに見舞われ、単独走行になりました。給油後も気を抜かず走り、最後までアクセルを開け続けました。

今回のレースは猛暑の為、選手の安全が考慮されレース時間が15分短縮になりました。
ゴールするときは2位以外をラップし、2位の斉木選手を4分程離しゴールとなりました。
標高が高く、アクセル全開でゲレンデを駆け上がるのでバイクへの負担も大きくなりますが、KTM 350 EXC-Fは快調で気持ちよく走り切る事ができました。

応援をしてくれたファンの皆さん、スポンサーの方々、全力でサポートしてくれたKTM JAPAN RACINGのチームの皆さん
ありがとうございました。


■Response で紹介されました
http://response.jp/article/2016/08/08/279776.html

[GROUP] 2016 JNCC(全日本クロスカントリー選手権)

KTMイベント情報