【JNCC2016 第7戦「KK栗子国際」山形東北大会】レースレポート

レース / RACING REPORT - 2016.09.13

【JNCC2016 第7戦「KK栗子国際」山形東北大会】
レースレポート

JNCC第7戦KK栗子国際
日時 9月4日(
会場 山形県栗子国際スキー場

JNCC第7戦の舞台となったのは初開催の栗子国際スキー場。台風の影響と、朝から断続的に小雨が降ったり止んだりという天候で、山頂付近には霧が立ち込め、コンディションは良いとは言えないレースとなった。

栗子のコースの見所は何と言ってもスタート地点から一気に山頂まで登るヒルクライム「アドレナクリフ」。そしてツルツルの岩盤とヌルヌル滑る白土が広がる「ムーンサルト」。さらにCOMP-AA、COMP-Aのみに設定された激下り「ジョニービーグッド」などがある。

 

<COMP GP/AA1クラス>

COMP-AA1クラスにはHusqvarna ALPHATHREE wtih Beersから石井正美、Husqvarna福岡から原田健司がエントリー。そして前戦からハスクバーナにマシンをチェンジした小林雅裕も名を連ねた。

石井正美はスタートでうまく出て3~4番手で1コーナーへ突入。リザルトは石井が11位、原田12位。前戦4位の小林はアドレナクリフ登頂失敗のタイムロスと、マシントラブルもあり13位に終わった。

FE350 原田健司

TE250 石井正美

FC250 小林雅裕

 

<FUN GP/WAクラス>

FUN-WAクラス、ランキング2位、Seezoo Husqvarna elf Racingの西翔子は3位となったが、FUN-WDクラスではチームメイトの吉田夢海がレースを制した。

吉田夢海
「お疲れ様でした。この栗子国際スキー場は私がWEXに出始めた時に初めて優勝できたコースだったので、すごく思い入れがあって。今回もまたこのような形で優勝できたので、すごく嬉しいです。なかなか優勝できなくて、ハスクバーナのみなさんに日頃の感謝ができたかな、と思います」

[GROUP] 2016 JNCC(全日本クロスカントリー選手権)

KTMイベント情報