2012 モータースポーツハイライト

ブランド・ヒストリー / BRAND & HISTRY - 2012.11.22

過酷なオフロードコース以上にタフなエンジンやシャシーをテストする環境があるでしょうか。レース以外のどんな研究所だったら、エンジニアの情熱と専門知識を活かし、より高度な技術として実証できるでしょうか。より険しい道をつき進もうとするチャレンジスピリットはKTMのすべての推進力なのです。それが、創業以来レースに熱い情熱を傾けてきた唯一の理由です。だからこれまでも、またこれからも、KTMは常に”Ready To Race”なのです。


■2012 TOPICS

2012のレースシーンは、トニー=カイローリが自身6度目の世界タイトルとなるモトクロス世界選手権のチャンピオンに輝き、今年もまたKTMがオフロードレースを席捲して幕を閉じました。KTM 350 SX-Fは、MX1で3年連続チャンピオンを獲得、MX2ではKTM 250 SX-Fがなんと5年連続でチャンピオンを獲得する偉業を達成、ジェフリー=ハーリングスがワールドチャンピオンに輝きました。
アメリカのスーパースター、ライアン=ダンジーもAMAスーパークロス選手権で450 SX-Fを駆り初めてオーストリアバイクに勝利を導く印象的な活躍をし、AMAモトクロス選手権でついにチャンピオンに輝きました。
世界エンデューロ選手権では、フランス人ライダー、アントワン=メオ選手がE1クラスを、クリストフ=ナンボティン選手がE3クラスを制し、共にチャンピオンの座につきました。E2クラスではスペイン人ライダーのクリストバル=ゲレロ選手がチャンピオン目指して現在もチャレンジを続けています。
このようにオフロードレースのシーンで輝かしい戦績を残すKTMですが、まだまだその栄光は留まるところを知りません。

KTMは今シーズン、ロードレース・グランプリの世界に戻り、世界中のサーキットで数々の選手が活躍しました。サンドロ=コルテセ、ダニー=ケント、アーサー=シッシス、ズルファーミ=カイルディン、ニックラス=アジョがオーストリアからKTM製MOTO3マシンで参戦、MOTO3クラス創設1年目にして初の世界チャンピオンを獲得しました。KTMユーザーは他にもルイス=サローム、ブラッド=バインダー、ヘクター=ファウベル、アルベルト=モンケーヨ、ジョナス=フォルガー、ルカ=アメイトがカレックスをシャシーパートナーとしたドイツチームとして参戦し、大活躍しました。
その一環として開催されているレッド・ブル モトGPルーキッズカップは、将来のグランプリ・スターを目指し最も熱いバトルが繰り広げられるジュニア選手権です。
 
 
■OFFROAD RACING 2013 HIGILIGHT

> WMX MX1
アントニオ=カイローリ  WORLD CHAMPION 2012

> WMX MX2
ジェフリー=ハーリングスWORLD CHAMPION 2012

>US SX/MX OPEN
ライアン=ダンジー  AMA MOTOCROSS CHAMPION 2012

>US SX/MX LITES
ケン=ロクツェン
マービン=ムスキャン

>ENDURO
アントワン=メオ  WORLD CHAMPION 2012
クリストバル=ゲレロ
ジョニー=オーバート
クリストフ=ナンボティン  WORLD CHAMPION 2012
タディ=ブラツジアク  WORLD CHAMPION 2012
ジョニー=ウォーカー  WINNER ERZBERG 2012

>FREESTYLE
レヴィ=シェアウッド  WINNER RED BULL X-FIGHTERS 2012
マット=レベアウド
ロニー=レナー
ピーター=ピラー
ジミー=バーバー(FMX4EVER)

>RALLY RAID
シリル=デプレ WINNER DAKAR 2012
マルク=コマ  WORLD CHAMPION 2012
ルーベン=ファリア
ジュアン=ペドレロ

■ROAD RACING 2013 HIGILIGHT

>MOTO3
KTM 250 GPR
サンドロ=コルテセ  WORLD CHAMPION 2012
ルイス=サローム
アーサー=シッシス
ズルファーミ=カイルディン

KALEX-KTM
ジョナス=フォルガー
フローリアン=アルト

>AMA SUPERBIKE
クリス=フィルモア KTM RC8 R

 


[GROUP] 2012 モータースポーツハイライト

KTMイベント情報