「若い人達にモーターサイクルを楽しんでほしい。私たちが提案する新ストリートモデルはそんな願いも込められているのです」by KTM JAPAN ミヒャエル・シャノー氏 第1回

ブランド・ヒストリー / BRAND & HISTRY - 2012.12.18

2001年のKTM JAPAN創立以来、国内に於けるKTMブランドの浸透に奔走するミハエル・シャノー。イベントに参加する機会もありKTMファンには馴染みの顔かもしれません。パワフルで話すだけで情熱があふれ出す様子は「READY TO RACE」そのもの。インタビューの冒頭語ったのは……。
「私たちKTMはオフロードレーシングを軸足に、性能の高いストリートバイクを造り出すブランドです。でもストリートでレースはイケませんよ」と茶目っ気たっぷりに安全で楽しいバイクライフを、との提唱でした。

話し始めると情熱的に語り続けるシャノー。次回以降、何故KTMが日本にいるのか? についても話しが展開します。


話し始めると情熱的に語り続けるシャノー。次回以降、何故KTMが日本にいるのか? についても話しが展開します。

 

 

 

 

昨年、インドのメーカー、パジャジとの共同開発がアナウンスされた125㏄のストリートバイクの発売が近付きつつある現在、気になる近未来についてシャノーはこう語ります。
「ハイエンドなパーツを使い、ブランドスローガンであるREADY TO RACEな製品造りをするKTM。ファクトリーライダーこそ私たちの優秀なテストライダーです。だからこそピュアで性能の高い市販製品に造ることが出来るのです。

同時に、私たちは将来的にKTMの世界を多くの人に楽しんでもらうために、モーターサイクルのエントリーユーザーに向けたモーターサイクルを提供する必要があると考えています。その一つが125㏄のストリートバイクです。また、環境に関心の高い人にも訴求でき、これまでKTMが築いてきた技術で作り出す初めての電動ファンバイクKTM Freerideなのです。
特に125㏄エンジン搭載のストリートバイクに関しては今開発を進める中、いかに現実的な価格の中で高いクオリティーなモデルを日本の皆さんに提供が出来るのか。様々な角度からテストを繰り返しています。例えばガソリンに関しても念入りに調査する必要がありますね。燃料に含まれる成分は国々で成分の異なる場合があり、これまでも我々を悩ませることがありました。ですから、広島や大阪、それに仙台や東京といったエリアによって最終的な検証も必要になると考えています。
日本には世界の四大メーカーがあります。そして品質にはとても厳しいユーザーがいます。我々にとって品質面でベンチマークとしている国でもあります。例えば若いユーザーに向けたモデルであったとしても、乗り始めてから問題が起こるようでは、そのユーザーがKTMに信頼を抱けるはずがありません。とにかく様々な観点から慎重にクオリティーコントロールをするつもりです。
また、こうしたユーザーに向けて、READY TO RACEというスローガンとはまた別に、ストリートを意識したKTMらしい言葉を提案することも必要なのではないだろうか。そんなことも本社では論議を重ねているところです」
シャノーは一気にそう話し、KTMがリーズナブルなバイクを造るのではなく、KTMらしい125ccモデルを開発している最中であることを力説した。(続く)

こんにちは! 日本のモーターサイクルファンの皆さん。私がミハエル・シャノーです。「とにかく品質です。それがクリア出来ないなら発売を少し伸ばすぐらいなんでもない。私はそう考えています。KTM本社も日本のユーザーが持つ品質への拘りには一目置いていますから」



こんにちは! 日本のモーターサイクルファンの皆さん。私がミハエル・シャノーです。「とにかく品質です。それがクリア出来ないなら発売を少し伸ばすぐらいなんでもない。私はそう考えています。KTM本社も日本のユーザーが持つ品質への拘りには一目置いていますから」












[GROUP] READY TO RACE スペシャルインタビュー

KTMイベント情報